官能小説を紹介するサイトにつき閲覧にはご注意ください。
千草忠夫データベース
大笑いのなかで、るみの白い大の字がどうするすべもなく暴行を待っている。
小暮 るみ - 『悪魔の刻印』 [14]るみ暴行 より
トップ
ちぐさ文学館 @ いなぎデータベース
Copyright(C) 2005-2014 いなぎ